2011年04月12日

愛知県知多半島を知ってください

比較的細長い半島で、平地は狭く、ほとんどが緩やかな丘陵からなっている。

海岸段丘の切り立った海岸も多い。

行政区は、東海市、大府市、知多市、常滑市、半田市、

知多郡の東浦町、阿久比町、武豊町、美浜町、南知多町の5市5町に分けられている。


かつて市制が施行される以前は、5市の他に大高町・有松町が知多郡に入っていた。

現在では、両町とも名古屋市に合併され緑区に入っているので、

知多半島には含められない。


東岸に沿って走る武豊線に沿って武豊町、半田市には古くから臨海工業地帯が発展している。

また、西岸中部の常滑市は古くから焼き物の町として知られ、

明治時代からは陶製土管など陶器の大生産地である。


西岸北部の東海市、知多市の沿岸部は名古屋港から続く埋立地に工場が連なって

中京工業地帯のコンビナートとなっている。


対照的に西岸南部は工業化が進んでおらず砂浜がよく残り、

内海海水浴場などを抱える名古屋圏の行楽地となっている。



北部では宅地開発が進められて名古屋市のベッドタウン化が進んでおり、

特に東海市、知多市の内陸部と大府市、東浦町は一大住宅地となっている。

近年は知多半島道路の整備により半田市、武豊町の内陸部の発展が著しい。

         
        ウィキペディア参照


四季折々のイベントやお祭りも多く、名古屋、三重、静岡の近県は元より

多くの観光客が来る。

特に近年は中部国際空港の利用者も多く

毎年恒例となった、年末のクリスマスイベントは超人気です!





ラベル:知多半島
posted by kjsnet at 00:00| Comment(0) | 心と身体の癒しの空間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
番組名は「美味しい水にはワケがある 進化した飲料水"MCMのめぐみ"」 「約100種類ものミネラルが凝縮された天然サプリメントMCMを天然水に溶かし込んだ「MCMのめぐみ」。新しい水の価値を求める人々の間で、今注目を集めている。この進化したボトルウォーターに、どんな秘密が隠されているのか。開発者や愛飲者の証言などによって、その秘密を解き明かしていく。」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。